弊社はゲーム開発のお手伝いを多数行っています。
ゲーム業界に入るには何が必要なのか、いろいろな入り方があると思うのですが、中でもいちばん不明瞭(かもしれない)なゲームプランナーという部分について自分の経験をまとめていきます。

■ゲームプランナーという職業

プランナー職は大手ゲーム開発会社にもある一般的な職業ですが、どんなイメージを持っているでしょうか。何でもやる便利屋のようなもの、あるいはゲームの設計をして遊びを作る人、そんなところでしょう。どちらも正解で何でもやる仕事です。社員が多い会社では役割が決まっている事もあります。

▼こんな仕事をしています
・企画書の立案、作成
・仕様書の作成
・スケジュール管理、プロジェクトマネジメント
・発注管理
・製作依頼、依頼するクリエイターを選定
・広告会社とのやりとり
・イベント会社とのやり取り
・テストプレイ、品質管理
・広報、取材対応
・カスタマーサポート、クレーム対応
・その他雑務

大きな会社の場合は細かく役割が決まるので一部を担当することとなるのですが、中小企業やベンチャー企業の場合はほとんどを兼務することとなります。
プランナーは実際に遊びを考えることもあるし、プログラマやデザイナーとの中継役として走り回る、協力会社とひたすら会議を重ねて仕様を作っていく、広告を出すために市場調査をする、なんてこともします。
実力を付けていくとディレクターやプロデューサーになって自分の考えたゲームを作ることも出来るかもしれません。プランナーの仕事はプログラム、グラフィック、音楽以外の仕事、という所でしょうか。

■プランナーには誰でもなれる、しかし難しい

プランナーにはエクセルやワードなどのツールがある程度使えればなれます。もちろん求められるレベルが高い場合にはついていけないこともありますので、自分が勤めたい企業についてしっかりと調査してみましょう。また、直接会社の人に聞いてみるのもアリです。会社説明会やインターンなど、会社に行くことができる機会も増えてきているので、情報収集は入社後のギャップを埋めるために大切な事です。

「ゲームプランナー」というイメージが先行してしまい、入社後に全然ゲーム企画を作れず挫折して諦めてしまう、という人も中にはいます。もちろんゲームに関わる仕事ではあるのですが、誰もがテレビや雑誌に出ているようなゲームプロデューサーになれるわけではありません。地道に実力を積み上げていく事が重要になります。

そしてとにかくゲームが好きであること、これも1つの能力です。たくさんのゲームをプレイし、その中から面白いもの、面白くないもの、ユーザーが求めているもの、こうした様々な要素をピックアップして整理できることもプランナーの素質かもしれません。「文章を書くのは苦手だけど新作ゲームは全部プレイしています」中にはこんな人もいますが、技術を学べばクリアできる文章作成能力は大きな問題ではありません。それよりもゲームをプレイし続けることが苦ではない部分のほうが大切です。

■専門学校に入るのが近道?

ゲーム関連の仕事をするためにはどんな勉強をすれば良いのでしょうか。プログラマやデザイナーは専門学校で勉強することも近道の一つです。プランナーの勉強ができる学校もありますが、それ以上に大切なのは様々な経験です。素晴らしいゲーム企画を考える勉強も大切なのですが、それだけではやっていけません。
基本的なビジネスマナーも必要ですし、相手の話しを良く聞く力も重要です。プランナーの中には全く別の職種から転職してきた人も多く、新卒採用のプランナーは一握りしかいない、という会社もあります。

▼プランナー職として働いていた人の前職(実際に私が会った人の場合)
・サービス業、販売業
・銀行員、投資ファンド
・広告会社
・土木、建築
・プログラマー
・デザイナー、イラストレーター
・学校教師

対外的な交渉能力やビジネス文書の作成能力、数字を見る能力などは別の業種の方が長けている場合もあり、そうした能力を使ってゲーム業界で活躍している中途採用の社員もたくさん見てきました。何か一つでも人には負けない能力を持っていると、プランナーとしての価値も高まります。
実際にはゲームの実力は後から埋められるものでもあるので、物事の考え方や理解の仕方が上手い人はプランナー職に向いているのかもしれません。

■ゲームプランナーに必要なもの

ゲームプランナーになるには、以下のことが重要です。

・ゲームに関する知識(ゲームが上手いことではなく理解する力)
・物事を理解、判断する能力
・調査分析、理論的な判断
・コミュニケーション能力(楽しく会話することではない)

特に、ゲームがものすごく上手、ある作品にただならぬ情熱を持っている、そういう人がプランナーを目指したい場合、ゲームの知識や腕前だけではプランナー業務ができないことを知る必要も出てきます。ゲーム開発はチームで行うものなので、その橋渡し役として立ち回りができる人がプランナーに向いているといえます。